Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

最容量のリュックバッグ


そしていっぱいモノを入れたい」=「いっぱい入るリュック」普段から使えて、自分がほしいリュック像を思い浮かべて作りました(http://www.jkcopy.com/brand-193.html)。ストラップの付け根部分の角度や、フタと本体の大きさは、何度か試作をしてそれぞれのバランスに気を遣いました。自転車乗り、山に行く人に持ってほしいリュックです。



背面の様子(jkcopy)。上部のあて革も曲線を意識したデザインです。底面。背中側は背負いやすく身体に沿うような形状です。底面には、強度を考え「玉」が入っています。ストラップは肩に当たる部分が少し太めの設定(約3.5cm幅)背負った時の角度を考えて設定したストラップ付け根部分。



やんわりと立体的なフタ。前ベルトが真ん中を通っています。フタの縁は革を当てて縫いこんでいます。フタの丸みが出るのに一役買っています。昔の飛行機乗りのヘルメットをイメージした「男女問わず使える革のリュック」容量もあり、サイズ感もあるリュックですが、